「自民党女性が暮らしやすい国はみんなにとっていい国だ特命委員会」出席
<2012年4月6日(金)>

小池百合子前自民党総務会長が座長を務める委員会です。
女性と年金・税・結婚・出産・育児・雇用・介護・政治・経済・憲法など多岐に渡るテーマを横串で考え大きな方向性を見出そうとするものです。
キックオフとなったこの日は、ゴールドマンサックス証券株式会社からキャシー松井氏、毎日新聞論説委員の倉重篤郎氏を講師にお迎えして意見交換を行いました。
キャシー氏が改めて示したデータ「女性の就業率が高い国や県ほど、出生率が高い」や「女性管理職割合が高い企業ほど収益性が高い」(※出所:ともに厚生労働省)は、通説とは真逆の事実を示しており、盛んな議論となりました。

<デジカメ活動写真館TOP>