福島県川内村、大熊町、富岡町、楢葉町、広野町 国土交通省被災地要望対応支援チーム視察
<2013年6月27日(木)>

 
復興、帰還のための道路や鉄道、住宅整備の加速はもちろんですが、働き手の賃金格差による求人不足、約3000名からなる原発廃炉作業員の通勤時の慢性的な渋滞など新たな課題もあり、よりきめ細やかな対策の必要性を感じました。
最後の視察地、広野町では、宮崎市役所から志願して出向されている佐藤裕主任主査(左から2番目)、長友大嗣主査(左から3番目)が元気に活躍されてました。
<デジカメ活動写真館TOP>